環境にやさしく、安全・安心な住まい造りを通じて社会貢献します。

ナイスカバー
軽量なのでスピーディー施工が可能リフォームに最適です。

ナイスカバー

概要

  • 本工法はALC外壁造建築物を対象とした外壁改修工事です。
  • 主要構造梁(H鋼)に特殊円筒支持金物(シリンダー金物)を専用ビスで緊結し、それにシステム下地を取り付けますので、既存の外壁に負担をかけない下地構造を作ることができます。
  • 既存外壁への負担が少ないため、既存の外壁の劣化状況に左右されない安全な改修が可能です。
    専用ビスを用いる無溶接工法ですから、内装材の種類に関わらず
  • 災害の危険性が少なく安心です。

概要図

適用範囲

  • 原則として軒高さ16m以下の建物
  • たて張り挿入筋構法及びたて張り乾式構法(DR工法)により施工されたALC厚さ100mmの建物
  • 新設外壁+システム下地材の重量(MAX20kg/㎡)に対して構造上安全が確認できる建物
  • 足場が組める建物

工法のポイント

ナイスカバー工法はALC外壁の改修工法です

■既存外壁に負担をかけず安心

梁(H鋼)に直接、特殊金具(シリンダー金物)を取り付けてシステム下地をつくるため、既存壁の劣化状態に左右されずに安全に改修出来ます。

■無溶接工法で安心

上張りの外壁材は、断熱力の高いヴァンドシリーズまたは、金属サイディング。
冷暖房費も削減します。

■責任施工

アイジー工業(株)の施工特約店による責任施工で安心です。

工法メリット

意匠性アップ

意匠性の向上をはかり、資産価値を高めることができます。
街並みにも映える美しい外観を取り戻します。

漏水ストップ

経年変化や凍害などで傷んでしまった外壁に断熱外壁材を上張りし、漏水をストップします。
また、水がかりが無くなることにより既存ALC壁の劣化進行を抑制できます。

信頼性抜群

既存のALC壁体に負担をかけないので、劣化状態に左右されず
安全に新しい外壁をつくることができます。

断熱性能アップ

アイジー工業(株)の断熱外壁材を上張りすることによって、 省エネを実現、冷暖房費の低減が可能です。

撤去不要

既存ALCを撤去せずに新たに外壁材を上張りしますので、お引越しや営業休止の心配がありません。
また、解体の必要がないので建築廃材が大幅に減り、地球環境に優しい工法です。

画像提供(共同開発元)

アイジー工業(株)

施工手順


1.物件調査・診断


2.足場の設置


3.既存配管・配線などの撤去


4.墨出し作業


5.既存ALC壁開口作業


6.シリンダー金物取付け


7.F金物取付け作業


8.システム下地材取付け


9.開口部周り額縁材取り付け


10.水切材・ジョイナー等取付け


11.アイジー断熱ヴァンド取り付け


12.シーリング工事


13.新規設置物取り付け

工法開発
ナイスカバー
お問い合わせ
東京
TEL:03-3661-6351(代表)
FAX:03-3661-6475
大阪
TEL:06-6261-3321(代表)
FAX:06-6261-3026
お問い合わせフォーム